MT4

【XM】MacでMT4を利用する方法とは?導入方法を徹底解説!

最大レバレッジ888倍のトレードが魅力のFX会社XM。

そんなXMをMac環境のMT4でトレードを行うにはどうしたらよいでしょうか?

この記事ではMacでMT4を使用するにはどうしたらよいのかを解説していきます。

XMをMac環境のMT4でトレードしてみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

XMMac環境のMT4で使用する方法を紹介

XMをMac環境のMT4で使用する方法は以下5つになります。

・Mac専用のMT4をXMからダウンロード

・MT4 WebTraderを使用する

・VPSを利用する

・Parallels Desktopを使用する

・Boot Campを利用する

それぞれのやり方について導入方法を具体的に解説していきます。

Mac専用のMT4XMからダウンロード

XMTRADINGからMac対応MT4をダウンロードすることでMacでMT4を使用することが可能です。

MacへのMac専用のMT4導入方法

XMTRADINGにアクセスし、「プラットフォーム」をクリックします。

②MAC対応MT4をクリックします。

➂ダウンロードをクリック

④ダウンロードが終わるとMAC対応MT4のインストールが始まりますのので、「次へ」押していき最後まで作業を行います。

 

⑤MT4を立ち上げたら「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

⑥「ログインID」と「パスワード」、「サーバー」に必要情報を入力してログインをクリックします。

⑦気配値とよばれる「USD/JPY」や「EIR/USD」などの通貨ペア一覧が表示されれば、ログイン完了となります。

 

⑧自分が取引を行いたい通貨ペアを選択してトレードを行いましょう。
(自分が開設した取引口座の通貨ペアを選択しないと取引できません。EX usd/jpymicroとusd/jpyなど)

MT4 WebTraderを使用する

webブラウザ上でMT4を使うとMacでMT4を使用することが可能です。

MacへのMT4 WebTrader導入方法

XMTRADINGにアクセスし、「プラットフォーム」をクリックします。

 

②MT4 WebTraderをクリックします。

➂「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリック

④「ログインID」と「パスワード」、「サーバー」に必要情報を入力してログインをクリックします。

⑤気配値とよばれる「USD/JPY」や「EIR/USD」などの通貨ペア一覧が表示されれば、ログイン完了となります。

 

⑥自分が取引を行いたい通貨ペアを選択してトレードを行いましょう。(自分が開設した取引口座の通貨ペアを選択しないと取引できません。EX usd/jpymicroとusd/jpyなど)

VPSを利用する

VPSを利用することによりWindows環境を仮想的に実現します。

Windows環境であればMT4は問題なく作動しますので、XMでのトレードが可能になります。

VPSを利用したMacへのMT4導入方法

①VPS会社と契約を行う

 

②Mac上でクラウドサーバーを立ち上げる

 

➂XMTRADINGにアクセスし、「プラットフォーム」をクリックします。

 

④PC対応MT4をクリックします。

⑤ダウンロードをクリック

⑥ダウンロードが終わるとPC対応MT4のインストールが始まりますのので、「次へ」押していき最後まで作業を行います。

 

⑦MT4を立ち上げたら「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

⑧「ログインID」と「パスワード」、「サーバー」に必要情報を入力してログインをクリックします。

⑨気配値とよばれる「USD/JPY」や「EIR/USD」などの通貨ペア一覧が表示されれば、ログイン完了となります。

 

⑩自分が取引を行いたい通貨ペアを選択してトレードを行いましょう。
(自分が開設した取引口座の通貨ペアを選択しないと取引できません。EX usd/jpymicroとusd/jpyなど)

Parallels Desktopを使用する

Parallels Desktopを使用するとMacの中でWindowsのアプリを作動させることができます。

Parallels Desktopを使用するには以下の2つを購入する必要があります。

・Parallels Desktop

・WindowsOSライセンス

Parallels Desktopを使用する注意点としては、パソコンの中でMacとWindowsの環境を両立するためパソコンのスペックが低いとトレードに影響を及ぼす可能性があります。

Parallels Desktopを使用したMacへのMT4導入方法

①Parallels DesktopとWindowsOSライセンスを購入します。

 

②Windows環境下にします。

 

XMTRADINGにアクセスし、「プラットフォーム」をクリックします。

 

④PC対応MT4をクリックします。

⑤ダウンロードをクリック

⑥ダウンロードが終わるとPC対応MT4のインストールが始まりますのので、「次へ」押していき最後まで作業を行います。

 

⑦MT4を立ち上げたら「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

⑧「ログインID」と「パスワード」、「サーバー」に必要情報を入力してログインをクリックします。

⑨気配値とよばれる「USD/JPY」や「EIR/USD」などの通貨ペア一覧が表示されれば、ログイン完了となります。

 

⑩自分が取引を行いたい通貨ペアを選択してトレードを行いましょう。
(自分が開設した取引口座の通貨ペアを選択しないと取引できません。EX usd/jpymicroとusd/jpyなど)

Boot Campを利用する

Boot Campを利用するとMacにWindowsをインストールすることができます。

Parallels Desktopとは異なり、OSから変更するためMacとWindowsの環境が両立しているわけではないのが特徴です。

Boot CampはMacに標準装備されているため、WindowsOSライセンスの購入のみ必要となります。

Boot Campを使用したMacへのMT4導入方法

①Boot Campを起動します。

 

②OSをMacからWindowsに変更します。

 

➂Windowsを立ち上げます。

 

XMTRADINGにアクセスし、「プラットフォーム」をクリックします。

 

⑤PC対応MT4をクリックします。

⑥ダウンロードをクリック

⑦ダウンロードが終わるとPC対応MT4のインストールが始まりますのので、「次へ」押していき最後まで作業を行います。

 

⑧MT4を立ち上げたら「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

⑨「ログインID」と「パスワード」、「サーバー」に必要情報を入力してログインをクリックします。

 

⑩気配値とよばれる「USD/JPY」や「EIR/USD」などの通貨ペア一覧が表示されれば、ログイン完了となります。

 

⑪自分が取引を行いたい通貨ペアを選択してトレードを行いましょう。(自分が開設した取引口座の通貨ペアを選択しないと取引できません。EX usd/jpymicroとusd/jpyなど)

XMMac環境のMT4で使用していこう

今回はMacでMT4を使用するにはどうしたらよいのかを解説しました。

MT4は元々Windows環境下で利用するツールであったためにMac環境下では少し不便かもしれません。

しかしMac環境下でもMT4を使用可能にする方法はたくさんありますので、「MacでMT4を使いたい」という方はこの記事を参考にしていただけると幸いです。

こちらもCHECK

XM Trading(エックスエム)の口座開設方法~特徴や入出金方法も紹介

今回はXM Trading(エックスエム)の口座開設方法について紹介していきます。 『海外FXと言えばXM!』というほど、日本では人気の高いFX業者です。 なぜXMがそれほどの人気を誇っているのでしょ ...

続きを見る

こちらもCHECK

XMでMT4を使う方法を紹介【PC・スマホ・Web版を紹介】

MT4は世界中で使用されているFXのトレードツールとなっています。XMでMT4を使いたいけどどうしたらよいか分からないという方は結構いるのではないでしょうか? MT4は様々なインジケータを利用できます ...

続きを見る

-MT4
-, ,

© 2020 【XMの口座開設方法】完全ガイドマップ