スキャルピング

XMはスキャルピングしても大丈夫?禁止になる行為や適性を解説

スキャルピングを行うとき注意することは、利用しているFX業者がスキャルピングを禁止しているかどうかということです。

もしも禁止している業者でスキャルピングを行った場合、口座凍結や出金拒否などの措置を取られる可能性はないわけではありません。

そこで、XMでスキャルピングがどのように取り扱われているのか確認してみようと思います。

XMではスキャルピングが認められている

いきなり回答になりますが、XMではスキャルピングが認められています。

このことは、公式ページでも確認することができます。

なので、XMでスキャルピングを行ったからといって、口座凍結されたり出金拒否されたりすることは絶対にありません。

スキャルピングOKの魅力

XMのスキャルピングでは、最低何分ポジションを保有していなければならないという制限はありません。
エントリーから数秒で決済する、いわゆる「秒スキャ」を行っても問題ないことになります。

XMでは秒スキャ、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、いろいろな売買スパンで自由にトレードができます。

一方で、ほかの海外FX業者や国内FX業者では、スキャルピングが認められていないことが多々あります。
そのため、スキャルピングが認められていることは、XMならではの大きな魅力と言えるでしょう。

EAや自動売買トレードのスキャルピングもOK

 XMではEAなどのプログラムを使用して自動売買を行うことを認めています。
チャートを見守る必要のないため、忙しいサラリーマンにも人気の取引です。

さらにXMでは、自動売買でスキャルピングを行うこともOKとしています。
もちろん、高速でPC処理が行われるため、サーバーへの負担は大きくなります。

にもかかわらず、こうしたトレードを禁止していないのは、XMの処理能力が高いことを反映していると言えるでしょう。

スキャルピングで触れてしまいやすい禁止事項は?

 ここまで説明したように、XMではスキャルピング自体は禁止されていません。

しかし、スキャルピングを行った結果、XMの禁止事項に触れてしまい、何らかの処分を受ける可能性があります。

「XMでスキャルピングを行ったら、口座凍結された」なんて噂もありますが、スキャルピング自体に問題はなく、禁止されている取引を行ったことが原因であることがほとんどです。

ここからは、スキャルピングで禁止事項に触れてしまいやすいことをいくつか紹介していきます。

ネットワークや接続遅延を利用した取引の禁止

 スイスフランショックやギリシャショックなど、相場の急変が起こったとき、サーバーへのアクセスが集中することによって、接続の遅延が起こることがあります。

滅多にあることではありませんが、このようなときは、正しい市場価格が反映されません。

トレーダーにとって極端に有利な条件になるときを意図的に狙ってスキャルピングを行うことは禁止事項に該当します。

口座間での両建て取引

XMでは同時に8つの口座を保有することができますが、これらの口座間で両建て取引を行うことは禁止されています。

スタンダード口座同士でも、スタンダード口座とマイクロ口座の間でも、口座タイプに関係なく両建ては禁止です。

もちろん、ボーナスを利用しての両建ても禁止です。

アービトラージ(裁定取引)を狙った取引

また、業者間で両建て取引を行うことも禁止されています。

特にアービトラージと言われる裁定取引を行うことは悪質な取引として、多くのFX業者が禁止しています。もちろんXMでも禁止です。

FXの通貨レートは、業者間で大きく異なるタイミングがあります。
この瞬間を狙って、両建てを行えば、レートが元に戻ったときに決済することで簡単に利益を出すことができます・

XMはスキャルピングに適したFX業者?

ここまでは、XMがスキャルピングOKであることを確認してきました。

最後にXMがスキャルピングに向いているFX会社と言えるのか、考えていこうと思います。

スプレッドは狭くない

短いスパンでトレードを繰り返すスキャルピングでは、スプレッドの幅が損益を左右する重要なファクターとなります。

XMのスプレッドを見ると、ほかの海外FX業者に比べると、決して狭いとは言えません。

XMのスプレッドと他の海外FX業者のスプレッドを表で比較してみましょう。

海外FX会社 口座タイプ USD/JPY実質スプレッド EUR/USD実質スプレッド
XM Trading スタンダード口座 1.6pips 1.5pips
ノースプレッド口座 1.1pips 1.1pips
Gem Forex オールインワン 1.2pips 1.2pips
ノースプレッド 0.3pips 0.3pips
Titan FX スタンダード口座 1.33pips 1.2pips
ZEROブレード口座 1.03pips 0.9pips
TICKMILL クラシック口座 1.8pips 1.8pips
プロ口座 0.6pips 0.6pips
VIP口座 0.4pips 0.4pips

Gem ForexやTICKMILLで、手数料を含めた実質スプレッドが1pips未満に収まっている口座があるのを見ると、XMのスプレッドは狭くないと言えるでしょう。

スキャルピングを行うのであれば、XM ZERO口座がおすすめ

XM ZERO口座はスプレッドの狭いタイプの口座です。

その名の通り、スプレッドがゼロになることもあります。

ただし、スプレッドとは別に取引手数料が発生します。
ドル円の場合、先ほど表で見たように、実質で1pips程度のスプレッドが発生します。

それでもスタンダード口座やマイクロ口座に比べると実質スプレッドは狭いので、スキャルピングを行うのであればZERO口座がおすすめです。

XMはスキャルピングに適している

以上のことから、XM ZERO口座を使えば、比較的狭いスプレッドでスキャルピングを問題なく行うことができます。

ただし、スプレッドの狭いFX業者に比べると、ZERO口座であっても、ややスプレッドが広い印象を受けます。
スプレッドだけを見れば、XMはスキャルピング向きの業者とまでは言えないでしょう。

しかし、XMの約定力は海外FX業者の中でも非常に高いものがあります。
約定拒否やスリッページが起きにくく、相場の急変時や重要な指標発表時でも思い通りのレートで注文が通ります。

また、XMの注文処理方式はNDD方式です。

業者によるストップ狩りや不利なレート変更を強いられることはなく、透明性の高い取引が可能です。

総合的に見た場合、XMはスキャルピングに適した業者であると言えるでしょう。

こちらもCHECK

XM Trading(エックスエム)の口座開設方法~特徴や入出金方法も紹介

今回はXM Trading(エックスエム)の口座開設方法について紹介していきます。 『海外FXと言えばXM!』というほど、日本では人気の高いFX業者です。 なぜXMがそれほどの人気を誇っているのでしょ ...

続きを見る

-スキャルピング
-, ,

© 2020 【XMの口座開設方法】完全ガイドマップ